小学生の子供を持つ40代のママ。子育てのこと、健康や美容の体験レビューなど。

40代子育てママブログ

子供の習い事

小学校1年 公文(くもん)に入会しました。1ヶ月通ってみての感想・体験記

更新日:

幼稚園の年長くらいから子供が公文に通いたいと言い始めました。

たぶん幼稚園で公文をやっている子からちらほら話を聞くようになったからだと思いますが、その時はまだ私があまり乗り気ではなかったので「小学校に入ってからね~」とずっと言っていました。

そしてこの春小学校に入学。すると「くもん入る入る」としつこい。

これだけ言うのだからと、もう観念して入会することにしました(笑)

入会するまでの流れ

HPを見ると無料体験の日がある程度決まっているようでしたが、日程がちょっと先でした。どうせならすぐ入りたかったので教室に電話してみました。

するとまずは見学に来ませんか?とのことだったのですぐに見学の予約を入れて、もう次の日には見学に行くという話になりました。

見学といっても教室にいる子を見るだけなのでそんなにずっと見るほどのこともないので、ほとんど先生の話を聞いているような感じでした。通おうと思っていた教室は2時半からでまだ生徒さんがほとんど来ていなかったので先生もゆっくり対応してくれましたが3時~4時くらいになると高学年の子たちも学校が終わって来るので混んでくるとのこと。

空いていたので見学からその場で学力診断テスト(テストといっても今のレベルを知るためのもの)をするという流れになりました。

月の途中入会はできる?

見学に行ったのが月の3週目。

本来入塾するなら月初めからのようなのですが、その月の残りの2回分を無料体験にしてもらえました。

これは先生の判断なのか、どこでもそのように対応してくれるのかはわかりませんが、うちの通っているところでは無料体験にしておきますね、といって2回通わせてくれました。

あと見学と無料体験の時点では入会をせまるということもなく、無料体験が終わってから決めてもらっていいですよという感じでした。

うちはもうほぼ入会すると決めていたので先生もそんな雰囲気を察していたからかもしれませんが、無理に勧めてくるような感じは一切ありませんでしたね。

無料体験をしてみて

実際に公文に行って体験してみて子供はどう感じたのか?というところですが、うちの子の場合は体験して思った以上に楽しかったみたいです。

体験したのは国語と算数。

始めるならその2つからがやはり王道のようです。

もちろん最初は1教科からでもOKで、算数だけでもいいかなと思っていたのですが、先生の話を聞くとやはり国語力って大事なのかなと思い国語も始めることに。

体験で見せてもらった公文の国語の問題がユニークでことばの力や読解力がつくのではないかと思ったのが決め手でした。
今まで触れたことのないようなさまざまな文章や問題に触れることができるのは子供の語彙力を延ばすうえでもプラスになるのではないかと思いました。

算数のほうは、予想通りな感じでひたすら計算問題を解いていきます。今はまだ1か月目なので一桁の足し算がメインです。

始めてみて驚いたこと

入会を決めるとあの公文のバッグをもらえます。このバッグは無料でもらえます。縦型と横型がありますが、子どもは横型を選んでいました。リュックになるので、毎回肩から背負っていっていますがうれしそうです。

始めてみて驚いたのが公文の宿題が予想以上に多かったこと!

1教科につき5~10枚くらいを毎日やります。宿題はさすがに自分からやる日もあれば小学校で疲れているのか、今日はやりたくないな~、とやる気がなさそうな日もありますが、今のところ1日も欠かさずやっています。

これはうちの子が自分から公文に入りたいと言ったことをわかっているから、宿題やりたくない、とわがまま言えないと自分でもわかっているのだと思います。

知り合いの子で本人がやる気なしで始めた子はやはり毎日の宿題が苦痛になってきてやめてしまったという子もいました。

その辺りは結構見極めがむずかしいですね。子供にやる気がないと週2回通うのはなんとかできたとしても毎日の宿題はけっこうきついかもしれません。

ただ、宿題の量などは様子をみながら先生と相談できるみたいです。

1か月経ってみて

宿題は大変そうなときもありますが、楽しんで通っています。算数を楽しみにしていたうちの子ですが、国語が楽しいと言っています。もちろん算数もたのしいようです。

この前宿題をやっているときに驚いたのが、いつも宿題やっているときは私はすぐそばで見ているというわけでもなく、勝手に子供がリビングの机でやっているのですが、ふと見たらほんの1~2週間まえくらいからは比べ物にならないくらい計算が早くなっていたことです。

何度も何度もおなじような問題を大量に解いているうちに頭を数字や計算に慣らしていくという公文式ですが、早くもその成果がでているようでした。

親としては英語もやらせたいですが、さすがに最初から3教科はきついかと思ったのでしばらくは2教科です。

先生の評判は?

うちは比較的小規模な教室なので先生(○付けしている人)は毎回2~3人くらいです。先生の当たりはずれは正直わからないですね。

公文式というのは教えない学習法ですし、先生の教え方とかがそんなに関係してくるものでもないので、先生の個性がそこまで出てくる感じはないからです。

月謝が値上がり!

1教科6,480円なので2教科だと月謝もばかになりません。しかも先日値上がりのお知らせが入っていました。秋くらいから1教科につき1000円ほど値上がりするようです。ちょっときついですね。

ただ小学校に入ると幼稚園の月謝分がかからなくなってくるのでその分を公文にまわしているという感じです。

まだ1か月ですが、こどもも楽しく通っているので入ってよかったかなと思っています。

-子供の習い事

Copyright© 40代子育てママブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.