小学生の子供を持つ40代のママ。子育てのこと、健康や美容の体験レビューなど。iHerbが好き

40代子育てママブログ

PMS対策

生理前にイライラ。子供をきつく叱ってしまい自己嫌悪。PMSの悩みにできる対策

更新日:

生理前になるとイライラする。

子供のちょっとした態度や言動にイライラ

自分のイライラがさらに拍車をかけて子供をきつく叱ってしまったり、ヒートアップしてしまう。

そんな症状に悩まされている方も多いかと思います。

実は私もその一人。

いつもにも増して子供にイライラしてしまったり、怒りやすくなってしまう。

自分にそんな時期が定期的にくるような気がして、手帳にメモしておいたところ、生理前の1週間の時期に集中していることが判明!

自分のイライラの原因がPMSだったということがわかりました。

今この記事を書いているときもまさに生理前。

私のPMSの症状は以下のようなもの
・仕事のためにデスクに向かってもそわそわして落ち着かない
・集中力がなくやる気がおきない
・とにかく眠い
・だるい
・イライラする(ちょっとしたきっかけでイライラがさらに爆発)
・食欲が異常にでたり甘いものを食べたくなる
・モヤモヤと漠然とした不安を感じる
・ぼーっとしてしまう

とこんな感じです。

こんな人がそばにいたらさぞ迷惑だし、近寄りたくない感じですよね。

そしてそういう時に限って子供はイライラすることをやらかすんですよね~。

昨日も子供が学校でつくってきた作品をわざとではないですが壊してしまって。それを子供は直したいんだけど直せなくて泣き始めたのですが、それがきっかけで私もかなりイライラして怒ってしまいました。

PMSの原因は?

PMSの原因は正確にはまだわかっていない部分もあるようですが、排卵後に黄体ホルモンの分泌が多くなることが原因と言われています。

また月経前にセロトニンの分泌が減ることも一因とされています。

このように女性特有のホルモンが影響しているのは確かなようですが、だからと言って自分がイライラするだけならまだしも子供や周りの人にそのイライラをぶつけてしまうと、あとから後悔してしまいますよね。

PMS対策としてできること

これだけ多くの女性を悩ませ、周りにも迷惑をかけてしまうPMS。
なのに根本的な解決法がないというのも悩ましいところです。

まずやりたいこと
まず自分がPMSなんだということを知ることが大切です。

PMSと知らないままなんだかイライラしてしまい、子供のせい、ストレスのせいと思ってしまっていることがあります。

もちろん、子育てはイライラすることが多いですし、仕事や悩みなどのストレスがイライラの原因であることも多いですが、PMSであることでさらにそのイライラに拍車がかかっている可能性もあるということを知っているのといないのとでは気持ちが全然違います。

まず自分がイライラしてしまった。いつもとなんか違う。という時は手帳にその症状や日付をチェックしておきます。

たとえば最近子供にイライラしてしまう、ついガミガミ言ってしまう、訳もないのに落ち込むなどの症状があったらその症状と症状が出た日にちをメモしておいてみてくださいね。

2~3か月もしてだいだいその時期が生理前に集中していたらPMSの可能性が高いです。

PMSは一般的に月経の3~10日前に出ると言われます。

イライラ、腹痛、腰痛、体が重く感じる、疲れやすい、頭が重い、ゆううつ

などの症状があります。

PMSだとわかったら?

ただし、PMSだとわかったからといって症状が治まるわけではありません。

でも自分のこのイライラがPMSからきていることを自覚することが大切。

ついイライラしてカーッとなってしまったときにPMSが原因なんだとかわっていると、今はその時期だから、落ち着こうとか事前の予防策をとれます。

PMSだとわかっているだけで、ヒートアップしやすいから気を付けよう、などちょっと自分を一歩引いた目で見ることができます。

PMSだと気付くだけで子供への怒りをコントロールできるようになったという人もいます。

それでもイライラしたりおこってしまうこともありますが、理由もなく怒ってしまっているのではなく、PMSなんだということがわかるだけでも、自分はダメ母だ、と落ち込むことを防げます。(あとから子供にはしっかりフォローしてあげてくださいね。

PMSの過ごし方

PMSの時期はできるだけ予定を詰め込みすぎず、ゆったりと過ごすことが大切です。

忙しい毎日、ゆったりする時間をつくるのも難しいかもしれませんが、できるかぎり無理しない予定を組み、睡眠をたっぷりとることを心掛けてみてくださいね。

PMSの時期に摂りたい成分
・カルシウム
・マグネシウム
・ビタミンE
・ビタミンB6

バランスのよい食事と栄養、たっぷりの睡眠が1番!
カフェインはより症状を強くしてしまう可能性があるので控えてたほうがいいようです。

PMSと更年期は似ている?

PMSの症状って更年期症状にとっても似ていますよね。

イライラする
おこりっぽくなる
わけもなく落ち込む
緊張しやすくなる
不安が強くなる
無気力になる
疲れやすい
判断力の低下
涙もろくなる
集中力が低下する
下腹部の張り

まさに更年期症状そのもののような気がしませんか?

近年、更年期症状への対策としてエクオールが注目を集めています。
そこで更年期症状と似ているPMSにもエクオールがいいのではないか?と思いました。

調べてみたところ、PMSにもエクオールが有効なのではないかと言われていて実際にエクオールを作れない人はPMSの症状が出やすいというデータがでているそうです。

そしてこのように私もPMSに悩む一人ですが、実際に私はエクオールを作れない人なのです。

以前エクオールがつくれるかつくれないかの検査キットで検査したことがあるのですが、その結果つくれないという結果がでてしまったのです。
>>エクオール検査キットの体験談と測定結果

エクオールは日本人の約2人に1人がつくれないと言われていて、めずらしいことではないのですが、実際に自分がつくれないと知るとちょっとがっかりでした。(エクオールがつくれるかつくれないかは自宅でできる検査キットで簡単にしらべられますよ。>>エクオール検査ソイチェック

でも、私はエクオールをつくれないので、エクオールを作れない人はPMSの症状が出やすいというのにも実際にあてはまっていますよね。

以前その結果がでたときに更年期対策(予防)としてエクオールはサプリで飲んでいたのですが、いつのまにかやめてしまっていましたが、今回PMSにエクオールがいいらしいということを改めて知ったので、また再開してみています。

今飲んでいるエクオールはキレイ・デ・エクオールというもの。

エクオールを摂るのに効果的と言われる1日10㎎が配合されています。

以前エクオールを飲んでいたときは、大塚製薬のエクエルを飲んでいたのですが、半年ほど飲んで実感がなかったので、今はこちらのキレイ・デ・エクオールを飲み始めてみました。

PMSというのは生理の10日前からなると考えると月の1/3になりますよね、年に換算すると4か月も!
これはうまくつきあわないとかなり人間関係にも子育てにも影響を及ぼしそう。自分なりの対策を考えたいですよね。

>>女性のゆらぎには「エクオール」キレイ・デ・エクオール

-PMS対策

Copyright© 40代子育てママブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.